訓練!

2008/6/14(土)

今日は午前中、消防団の訓練がありました。
「多数傷病者対応訓練」という訓練です。
なんだか、よく解らないかもしれませんが、
まず、下の写真のようにトリアージポストという場所に
負傷者を搬送します。
消防訓練2.jpg

そこで、医師や救命士が負傷の程度や重症度を確認して
負傷者に色分けされたタグつけます。
タグをつけた人を、今度は応急救護所に搬送します。
消防訓練1.jpg

この時点で、負傷の程度により色分けされているので、
重症の方から、手当てをして救急車で医療機関へ搬送されていきます。
この仕組みは、阪神淡路大震災後に導入され、
初めて活用されたのが福知山線脱線事故です。
これにより、より重症な方から搬送されるので
受け入れる医療機関も混乱が少ないようです。
また、今朝は岩手県を中心に大地震が発生し
集まった団員も身を引き締めて訓練に望みました。

今日、被災されました方にはお見舞い申し上げますと共に
救助関係者の安全な活動をお祈りいたします。

小樽

2008/6/13(金)

みなさん、今日は変な天気ですね。当然です。
なぜなら、13日の金曜日だからです。
ジェーソンが出てくるんです。きっと・・・・・
キャー怖い。ってなわけないか、はは
ジェーソンはおいといて、小樽へ行ってきました。
建材メーカーのウッドワンさんの展示会を見てきました。
なぜに小樽?と思うでしょう。それはショウルームが
船だからです。
ウッドワン.JPG

この通り、船です。これで全国32港を回っているんです。
北海道は今日1日限りです。
ウッドワンさんはこのスタイルがすっかり定着しましたね。
残念ながら、中は撮影禁止だったので写真はありませんが、
テーマごとに部屋を作ってあり見ごたえ充分。
今年からはキッチンも展示してあります。
アウトレットコーナーや、構造材のコーナーもありましたよ。
でも、ウッドワンの人たち、大変だな。
1日乗ってたら。酔うぞ絶対。微妙に風が出てきてたもの。
みなさん、ご苦労様です。
夜はおもいっきりお酒によっちゃってください!

痛い

2008/6/12(木)

天気いいですね。気分もいいですといいたいところですが
ここ数日、頭が痛い。右のこめかみと耳の間ぐらいです。
我慢できない訳ではないんですけど痛いんです。
それと、耐久レースの後遺症の筋肉痛。
いまだにあちこち痛いです。特に足が痛い。
ピークは過ぎましたが結構痛いです。
階段の上り下りがいまだに変です。
その痛みを我慢して、消防団の会議に行ってきました。
会議の後、車庫で現場の指揮隊の方たちと連携の打合せを
行いました。いざというときにどう連携するかなどなどです。
消防車の写真です。
はしご車.jpg

室内で取ったので、よくわかんないですね。
先端屈折はしご車です。地上10階建てぐらいまで届くらしい。
かなりすごい車です。
続いてはこちら。
トライハート.jpg

ちょっと、古いですが救急車です。このタイプ最近あまり見かけなくなりました。
救急車には必ず、救急救命士が1名乗っています。札幌の場合ですが。
どちらも、お世話になりたくないですよね。
頭も痛いし早く寝よう。

昭和

2008/6/11(水)

今日もいい天気♪そんな中、カネブン成田の皆さんが
会社の倉庫に塗装作業に来てくれました。
ちょっと、遅れて自家用車で登場した、A氏。
乗ってきた車がしびれます。
これです。
ジャパン前.JPG

スカイラインジャパンです。買ったのは聞いていましたが、
まじかで見るのは初めてです。個人的には結構好きです。
一気に昭和に戻りました。
ジャパン横.JPG

横から見た写真です。ホイルもしびれます。
オーバーフェンダー.JPG

オーバーフェンダーもついてます。ちゃんと公認もとってあるので
このまま車検も通るらしいです。
ジャパン内装.JPG

内装です。完全に昭和にタイムスリップです。
でも、すごく乗り心地は悪そうです。
なにせ、乗ってる本人もヘルニアで数日休んでいたらしいです。
単なる憧れでは乗れない車です。
A氏、お体大切に!

チョロが!

2008/6/10(火)

とっても、天気がいい日です。夏が近づいてきました。
皆さんには、いってなかったんですが週末は大変だったんです。
それは何かというと、チョロが縫い針を飲み込んだんです。
それは土曜日のことです。
母親が針仕事している横で、糸くずでじゃれていたチョロ。
ふと、気づくと口の中に針が!
糸を引くもとれずに飲み込んでしまいました。
あわてて病院へ。
レントゲンを撮ったら、舌の下からのどのほうへ向かって
刺さっていました。
緊急手術です。約2時間。一時は出血もひどく危険な状態に。
何とか先生たちの努力のおかげで、針も取れ2泊3日の入院で
帰ってこれました。今日から通院しています。
チョロ手術跡.JPG

いまのチョロです。手術跡も痛々しいですがだいぶ元気になりました。
でも、まだ食事はのどを通らないらしく、水を飲むくらいです。
針.JPG

これがその針です。長さ5CM。何でこんなの飲んじゃったのかね?
チョロにはかわいそうなことしました。
これからだんだん回復していくとおもいます。
その状況もお知らせしますね。
皆さんも気をつけてくださいね。

だめだ2

2008/6/9(月)

いい天気です。暑いです。
昨日は、大変失礼しました。本当にに疲れました。
でも、今日は元気です。気持ちはね。
タダ、体はだめです。
自分のおもうとおりに動いてくれません。
かなり、ひどい筋肉痛です。
自分の体じゃないみたいです。
それでもいいんです、昨日は天気もよくて楽しかったから。
それでは昨日の様子をちょっとだけ。
X−2.JPG

午前の部X-2クラス。
本部前のメインストレートです。座っていますがここは
徐行区間なので座っているんです。本当はたって乗る
んです。
ライダー交代.JPG

同じチームの品川君に交代。
ゼッケンがバトン代わりなので付け替えます。
でも、ヘルメットかぶっているので意外と大変なんです。
この間にマシンに給油もします。
だから、陸上部隊のスタッフもいます。
仲間.JPG

ピットはこんな感じです。
オレンジのジャンバーがスタッフとして活躍してくれた
なまか?ちがう、仲間です。
結構、忙しいんですよ。
こういう仲間がいるから出来るんです。
俺.JPG

午前の部終了。もうすでに疲れきってる俺。
昼食とって午後の部へ。
Xi.JPG

午後、ランナバウトクラス。
このクラスは二人乗り、三人乗りのクラスです。
一番すごいのが、排気量1,500cc、インタークーラー
スーパーチャージャー付250馬力。
それに対してこっちは、排気量750cc、85馬力程度。
重量は倍以上違います。
そんなでかいのが、横を通ったらその引き波でまともに
走れません。まるで水に浮く落ち葉です。どうにもなりません。
それでも、このジェットがすきなんですネェ。
結果はともかく楽しい一日でした。
早く、筋肉痛治んないかな。

だめだ!

2008/6/8(日)

耐久レース終わりました。
あまりの疲れのため、これ以上だめです。
詳しくは、明日アップします。
ごめんなさい。
おやすみなさい。

明日!

2008/6/7(土)

今日も朝から雨だったけど10時ぐらいには上がりました。
これでしばらく天気は続きそうです。
で、いよいよ明日は、ジェットスキーの耐久レースです。
ゼッケンも張ったし、保険も入ったし忘れ物はないかな?
おっ、大事な燃料買ってこないと。
燃料がないと走りませんからね。
準備はO.Kだ。
準備OK.JPG

だけど、今シーズン2回しか乗ってないんですよね。
明日が3回目・・・・大丈夫か?心配です。
まあ遊びですから、事故、怪我のないように楽しんできます。
明日お時間のある方は、観戦にきてくださいね。
場所は小樽ドリームビーチです。海の家の前ですよ。
AM10:00スタートです。
それでは明日の朝が早いので今日はこれで失礼します。

雨。

2008/6/6(金)

今日は朝から雨。たまには雨の日も落ち着きますよね。
って、おい、そんなこと言ってる様な雨じゃねぇって。
マジで、どちらかと言うと大雨に近い降りだぞ。
雨5.JPG

写真じゃ解りづらいかもしれませんが雨で白く煙ってます。
おまけに寒いし。暑くなったり、寒くなったり大変です。
今日の雨で学校は遠足中止だそうです。
結局1日降り続いてます。
だからって訳じゃないでしょうが、いま、すごく腹が減ってます。ぐぅって。
あー、腹減った。あだめだほんと腹減った、どうしたんだろ?
また、おなかなった。
だめだ、もうやめます。では、また明日。

出来た!

2008/6/5(木)

本日も、朝から絶好調です。ちょっと半そでじゃ寒いですけどね。
AM10時携帯がなる。ペップビーチの北島社長からです。
「ジェット出来たぞ取りに来て」と。
そうです、日曜日に船検に出したジェットが出来ました。
仕事を終えて引き取りに。
ジェット引取り2.JPG

早速、台車に乗ってるジェットにのってお店のAKAに押せと。
お馬鹿なことをやって、気分はもう耐久レースです。
この暗闇で馬鹿なことしてます。それからトレーラーに積み込んでお店の中に。
こっちも出来てました、ゼッケンが!
ゼッケン.JPG

29番と31番です。上の写真のジェットに貼るのが31番。
もう1台のジェットに貼るのが29番です。
前にも書きましたが、一人で2回出るんです。
31番は一人っきりです。
いいですか、この大会は結果じゃないんです。
出て楽しむことが大事なんです。いいわけじゃないですよ。ははっ。

▲このページTOPへ

若山建設への資料請求